読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GlobalGames

ゲーム・アニメ・ガジェットのブログです。

オンラインクレーンゲーム「ネッチ」に40万NPを注ぎ込んだ男が感じたこと。

前回、オンラインクレーンゲーム「ネッチ」のことを書いた筆者。


www.globalgames0.com



当時の筆者は「こんなサービスあるんだ!凄い!みんなに教えないと!」という気持ちで記事を書いていたのですが、実は結構メディアとかで紹介されていたらしく。
単に筆者の無知っぷりを知らしめる形となってしまいました。

とはいえ実際にプレイした人の感想を聞く場所ってなかなかないでしょうし、ここでネッチを使った感想をつらつらと書いてみようと思います。

オンラインクレーンゲーム「ネッチ」に40万NP使いました。


タイトルにもなっていますが、筆者はオンラインクレーンゲーム「ネッチ」に2日間で40万NPを使いました。


よ、40万も使ったの!?


と驚いた方もいると思いますが、40万円を使ったわけではありません。

「ネッチ」ではNP(ネッチポイント)と呼ばれる通貨を使用しています。1NP=0.1円なので、40万NPを使っても実質4万円しか使っていないことになります。


なんだ、たったの4万円か……


って4万でも結構大金ですよ!!

何せPS4が買えちゃいますからね。
よくもまぁ、そんな大金をクレーンゲームで消費出来たものです。


ちなみに取った景品は合計で20個


「ネッチ」に4万円を注ぎ込んだ筆者。

取れた景品は合計20個でした。


f:id:globalgame:20160915050942j:plain

f:id:globalgame:20160915050958j:plain


見事に「ご注文はうさぎですか??」グッズしかないですね。
(1つだけ艦これのフィギュアも紛れているのですが。)

ごちうさのグッズは比較的に取りやすかったので、ついつい調子に乗ってしまった形ですね。


内訳は、

  • チノ(寝そべりぬいぐるみ)×1
  • マヤ(寝そべりぬいぐるみ)×3
  • メグ(寝そべりぬいぐるみ)×5
  • モカ(寝そべりぬいぐるみ)×4
  • チノ&シャロ(懐中時計)×1
  • ココア&千屋(懐中時計)×3
  • 艦これ(雪風のフィギュア)×1


となっております。

メグちゃんと相性が良いらしく、何と5つも獲得しています。
正直そんなに要らない。

意外と"お得"でした。


4万を使って景品を20個獲得した筆者は、


これちょっと損してね……?


と不安になりました。
ひょっとして普通に買った方がお得だったんじゃ……。
そう考えてしまったわけです。

そこで筆者はAmazonを使って獲得した商品の相場を調べてみることにしました。
20個の景品の相場が4万より高ければ「ネッチ」で取った方がお得だったと証明出来ますからね!

○景品の相場とその合計金額
f:id:globalgame:20160915053246p:plain

見にくいかも知れませんが、景品の20個をAmazonで買おうとすると

43,970円必要になります。

ところが、筆者はそれより4,000円も安くグッズを手に入れられました。

す、すごい……!
4,000円も浮くなんて……!


あとクレーンゲームが40回出来るじゃないか!!


まぁオークションを利用した方が安く済んだのは確かですけどね(笑)


4万使って分かったオンラインゲーム「ネッチ」のこと


1回100円ちょっとのクレーンゲームに4万円使ったということは、つまり400回近くクレーンゲームをやっていることになります。

詳しい統計などはないですが、


クレーンゲームをやった回数では国内の上位2%に入るのではないでしょうか?
(でも獲得景品総額では下位かもしれない……。)


普通の人なら人生で十数回ぐらいしかクレーンゲームをやらないですよね。

さて、そんな(自称)国内でクレーンゲームをやった回数上位2%の筆者がプレイして感じた「ネッチ」の良いところと悪いところを色々と書いてみます。

これからオンラインクレーンゲームをやろうと思っている人、興味のある人は是非最後まで見て行ってください。

「ネッチ」の良いところ

インターネット経由でクレーンゲームが出来る。


従来ならばゲームセンターなどに行かないと出来なかったクレーンゲーム。
それが自宅でも簡単に出来るようになったので、これは大きなメリットです。

筆者みたいに近場に大きなゲームセンターがない人などにとって大助かりですね。

景品を無料で配達してくれる。


「ネッチ」では獲得した景品を送料無料で自宅までお届けしてくれます。
筆者の場合、関東圏に住んでいるので獲得から2日で自宅に届きました。
これはかなり早い方ではないでしょうか?

また、普通ならば20個の景品を一度に持ち帰るのはなかなか困難ですが、配達だとその問題が解消されます。


普通の人は20個も景品を取ろうと思わないでしょうが……。

景品を取りやすい位置に調整してくれる。


前回の記事でも書いたのですが「ネッチ」でクレーンゲームをやってると、係員さんが「これは取れないでしょう」と感じた時に景品の位置を調整してくれます。

筆者はこれにかなり助けられました。

しかしこれに関しては「もう少しで取れそうだったのに勝手に位置を変えられた」などの批判もあります。

プレイしていた感じ、景品の位置調整に明確なマニュアルなどは無さそうでした。
係員さんは取りやすいように調整したつもりだけど、プレイヤーからしたら取りにくくなってた、ということは普通に起こりますね。
特にネット経由だと係員さんとコミュニーケーションも取れませんし。

クレーンの研究・分析が簡単に出来る。


クレーンゲームで大事なのは「どうやったら取れるのか?」を考えることだと思います。

ところが、実際のゲームセンターだとクレーンの前でどうやったら取れるのかを考えるのは難しいです。
後ろに並ぶ人もいるし、クレーンを撮影して分析などはなかなか出来ないです。

ところが「ネッチ」の場合だとネットを通じてパソコンなどでクレーンゲームを行うので、研究・分析がゲームセンターのより簡単に出来ます。
撮影もキャプチャーソフトなどを使えば手軽に出来ますしね。

自宅で腰を据えて出来るのがオンラインクレーンゲーム「ネッチ」の最大のポイントではないでしょうか。
筆者も最後の方はかなり入念に取り方を研究してました(笑)



「ネッチ」の悪いところ

良いところを4つしか挙げずに「ネッチ」の悪いところへ。
正直色々と考えたんですが「ネッチ」の良いところはこの4つしかありませんでした……。
もっとも、上記の4つって結構大きなポイントだとは思うんですけどね。


100回に1度の動作不良


「ネッチ」はインターネットを経由したオンラインクレーンゲーム。
どうしてもゲームセンターなどで行うクレーンゲームと比べて不具合が多いです。

筆者も300回以上やって3回ほど不具合と遭遇しました。

具体的に言うと「ボタンを押してもクレーンが止まらない」という不具合です。

筆者はそれなりに良い環境でネット接続をしてるのですが、それでも不具合という問題は避けられないみたいです。

ちなみに、ネッチを利用する場合の推奨PCスペックは

OS  :WindowsVistaまたはWindows7
   (Windows10は現在対応しておりません)
CPU  :Intel 1.8 GHz相当以上
メモリ :1GB以上
画面解像度 :1024×768以上
ブラウザ  :InternetExplorer11.0以上、GoogleChrome最新版、Firefox30.0以上

となっており意外と要求スペックは低いのですが、


このスペックのパソコンで「ネッチ」をやったら間違いなく不具合続出です。


メモリ1GBで「ネッチ」をプレイしたら他にブラウザタブが1つ開いてるだけで画面がカクつきますよ、絶対。


そしてパソコンより酷いのがスマホとタブレット。

「ネッチ」はスマホやタブレットのアプリでも出来るのですが、スマホやタブレットでやるのは自殺行為です。

無線接続で「ネッチ」をやったらニュータイプ並みの先読みを要求されます。クレーンが尋常じゃないぐらいカクついてしまうのです。


もっとも、クレーンがカクつくのはPC版でも同じなのですが……。
(しかしこちらは慣れれば問題ない程度です。)


カメラで映しているので視野が狭い。


動作不良問題に続いて不満の大きい「視野」の問題。


実際のクレーンゲームだと、好きな角度から好きなようにディスプレイ内を見ることが出来ます。
色々な角度から見ることによって「よし、ここからならいけそうだな」「この位置なら押せば落ちそうだな」というのが判断出来ます。


しかし「ネッチ」の場合は「前」と「横」からしかディスプレイ内を見ることが出来ません。

遠近感などを掴むのは非常に困難ですし、画質もあまりよくないので景品の紐がどこに付いているのかすら分からない時があります。

不満を抱く人が多いのは納得です。

筆者は普段クレーンゲームをやらないので「こんなものなのかな」と特に不満は抱きませんでしたが。


景品は翌日に強制発送


「ネッチ」で景品を獲得すると、翌日中に発送されます。

良いところのように見えるシステムですが、これがなかなか曲者。


何故なら、配達のタイミングを自分で調整出来ないからです。


例えば日時指定などはもちろん出来ないですし、景品を貯めこんで一度にまとめて発送ということも出来ません。

送料無料なのになに贅沢言ってるんだ、という話ではありますが、


有料でも「日時指定・景品保管」のオプションはあって欲しかったですね。

これがあるだけでかなり利便性が高くなります。


実際のクレーンゲームより割高の場合も。


本当は良いところを中心に書きたかったのに、まだまだ出てくる「ネッチの悪いところ」。
続いては皆さんも気になる価格の問題へ。


オンラインクレーンゲームは人件費が掛からず、通常のクレーンゲームよりお得……と思いきや。


実はそれ程お得というわけではありません。


というのも「ネッチ」のオンラインクレーンゲームは1プレイ1,100NPから。
(1NP=0.1円なので110円相当。)

100円のクレーンゲームが多い中、これは少し高いですよね。

もちろんこれぐらいだったら交通費や手間賃を考えると「ネッチ」の方がお得なのですが、


残念ながら「ネッチ」にはプレイ回数による割引がありません。

よく、ゲームセンターのクレーンゲームだと「1プレイ100円。でも6プレイだと500円」というのがありますよね。
この場合、6プレイを選択すると1プレイ分割引されます。

ところが「ネッチ」の場合その割引がありません。

1回は110円だし、何回連続でやっても単価は変わらない。

このようなシステムなので、実際にクレーンゲームをプレイするより少し割高感があります。


もっとも「ネッチ」にはゲームセンターのように「これはどうやっても取れないでしょ」というエグい筐体はないのですが。
(そしてゲームセンターのより取りやすい気はしますね。)


また、何故かスマホやタブレットでNPを購入しようとするとパソコン版より割高になってしまいます。

f:id:globalgame:20160915074540p:plain
※通常は1,000円=10,000NP。

どうしてこのような仕様にしたのかは不明ですが、スマホやタブレットでも消費NPは同じなのでモバイル版でNPを購入するとかなり損します。


モバイルユーザーからは絞っていくスタイルなんでしょうか……?

オンラインクレーンゲーム「ネッチ」のまとめ。

○良いところ

  • インターネット経由でクレーンゲームができる。
  • 景品を無料で配達してくれる。
  • 景品を取りやすい位置に調整してくれる。
  • クレーンの分析・研究が簡単にできる。

○悪いところ

  • 使用環境が悪いと動作不良が頻発する。
  • カメラで映しているので視野が狭い。
  • 景品が翌日に強制発送なので日時指定や景品を貯めこむ事ができない。
  • 実際のクレーンゲームより割高になることもある。


長くなりましたが、以上が「ネッチ」に4万円を注ぎ込んで感じたことです。


このようなオンラインサービスはなかなか実際の使用者の感想を聞ける場がありません。


評判をネットで調べてもあからさまに賞賛しているものばかりで、どうしてもいかがわしいイメージがまとわりついてしまいます。

結構この記事で「ネッチ」を酷評したのですが、それでも筆者はこれからも「ネッチ」を利用し続けます。
問題点こそ多いものの、やはり自宅でもクレーンゲームが出来るというのは大きなメリットです。


この記事がこれからオンラインクレーンゲームをやろうと思っているユーザーさんの役に立てれば幸いです。