読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GlobalGames

ゲーム・アニメ・ガジェットのブログです。

キングジムのポータブックが2万5000円を切ってグッとお求めやすくなった話

ポメラテプラなど、隙間市場を対象とした製品を作り続けている老舗文具メーカーであるキングジム。


キングジムは2015年に『ポータブック』と呼ばれる小型パソコンでPC市場にも参入することを明らかにしました。


ポータブックは8インチのパソコンながら回転式のキーボードというユニークな規格を採用することによって12インチサイズのキーボードを搭載することに成功した非常に画期的な製品です。


その独特のキーボードと3万円クラスのスペックなのに9万円もする価格が発売当時話題を呼びました。


残念ながら筆者はその価格ゆえに手を出していなかったのですが、せめてあと数万円安かったら……と多くのユーザーの心にその存在を刻み込んだことでしょう。


そんなキングジムのポータブックが、今現在23,540円でヨドバシカメラにて販売されています。


発売当初に買った人には耳が痛い話かもしれませんが、当時より6万円近く値下がりした計算になりますね。


筆者はこの話を聞いたとき、こう思いました。


……あれ? 結構これ良い製品なんじゃないか?

発売当初、ポータブックはかなり批判されていました。

用途を考えれば性能は及第点だし、独自のキーボード規格が良い。


しかし如何せん値段が高すぎる。

いくら物好きでも3万円クラスのパソコンに9万円は出せない――


それが大方の見方でした。


値段がネックなだけで、製品自体は非常に魅力的だったのです。


そんなポータブックがこの度3万円を切る23,540円で販売されているのだから、当然購入も視野に入るレベルですよね。


特にヨドバシの場合だと10%のポイント還元があるので、実質21,186円で買えちゃいます。
(PSVRを買った時に10%のポイントを貰った筆者はそれより安く15,789円で買えるのであった。やったぜ。)

前置きが長くなりましたが、今回はそんな時代の異端児であるポータブックの特徴をまとめてみました。


低性能だが普段使いには問題なし。


ポータブックはWindows10 Home 64bitを搭載しており、CPUはAtom™ x7-Z8700メインメモリは2GBとなっております。


パソコンの性能などに興味のない方だとどれぐらいの性能か分からないと思いますが、WordやExcelなどのOfficeソフト、ネットサーフィンや動画視聴程度ならば問題なく行えるレベルです。


もちろんExcelも複雑なマクロを組むと高確率でフリーズするでしょうし、解像度が1280×768なので動画の画質も悪くなってしまうのですが、まぁこれぐらいならば及第点といったところですね。


問題視されている32GBという低ストレージ容量も、オンラインストレージやSDカードを駆使すれば大した問題にはなりません。


そもそもポータブックの性能的に、大半はテキストファイルなどしか保存しないでしょうしね。


独自規格"スライドアークキーボード"

ポータブックのキーボードは少し変わっていて"スライドアークキーボード"と呼ばれる独自の規格が採用されています。


この特殊変形機構のキーボードによって、8インチサイズのディスプレイにフルサイズ相当のキーボードを搭載することが可能となったのです。


開くと不安定そうな見た目になりますが、強固なアルミフレームのおかげで安定性能は申し分ありません。


キーボードの中央にはマウスポインターも搭載しているので、別途でマウスを用意しなくても操作が可能となっています。


しかしこちらのマウスポインターは操作性が悪いと言われており、評価はあまり高くありません。


ワイヤレス、またはBluetoothマウスでの使用が大半となるでしょう。


モバイルバッテリーでの充電が可能

ポータブックはバッテリーの容量が少なく、フルにしても約5時間程度しか駆動できません。


使用に伴ってバッテリーが劣化することも考えると、この駆動時間はかなりネックとなりますね。


しかしポータブックの場合、ノートパソコンとしては珍しくタブレット用モバイルバッテリーにて外出先でも充電可能となっております。

このおかけで、バッテリー駆動時間の短さは大して気になりません。


ポータブックと同価格ノートPCの性能比較

ポータブックの性能がどれほどなのか再確認する為に、ポータブックと同じ価格帯であるノートパソコンとの性能を比較してみます。


比較対象はブロガーに大人気ASUSの格安ノートパソコン『E200HA』。


f:id:globalgame:20161111165558j:plain
(Amazon製品ページより画像引用)


E200HAは非常にコストパフォーマンスに優れたノートパソコンであり、1kgを切る軽さが魅力で持ち運びが非常に容易です。


ブロガーやライターなど、いわゆる"ノマド"的な使い方をする人たちから絶大な人気を誇っています。


さて、それでは早速ポータブックとこちらのE200HAの性能を簡単に比較してみましょう。
※性能が上の方は赤字にしております。

製品名 ポータブック E200HA
OS Windows 10 Windows 10
ディスプレイ 8インチ 11.6インチ
解像度 WXGA (1280x768) WXGA (1366x768)
CPU Atom x7-Z8700(1.6GHz/4コア) Atom x5-Z8300(1.44GHz/4コア)
メインメモリ 2GB 2GB
ストレージ容量 32GB 32GB
キーピッチ 18mm 18mm
バッテリー駆動 5時間 9.5時間
重量 830g 980g
価格(最安値) 23,540円 24,997円


ポータブックとE200HAの性能を簡単に比較してみるとこんな感じになります。

この表だけを見ると圧倒的にE200HAの方が性能が高いように見えますが、しかしポータブックにはフルサイズのインターフェイス搭載・モバイルバッテリーでも充電可能など、独特の特長があります。

なので一概にポータブックよりE200HAの方が性能が高いとは言い切れないのが事実です。


とはいえ、文章を書いたりする場合はポータブックよりE200HAなどの格安ノートパソコンの方がおすすめですね。


というのも、やはり8インチサイズのパソコンは使用にかなりストレスが溜まります。


解像度が低く一度に表示できる情報量もフルHDパソコンに比べて少ないので、効率も落ちます。


出張や外出先でパソコンを使う機会が多く、なおかつカバン容量の都合上11インチ以上のパソコンは持っていけない、というケースでない限り購入する旨味はないのかもしれません。


ブログなどをやっている筆者は一度ポータブックを買おうとしたのですが、外では声優さんのラジオに送るメールを書いたりちょっとしたネタをメモするぐらいなので、結局必要ないという結論にいたりました。


筆者の住んでる地域では電車が殺伐としているので、座席でポータブックを使ってブログを書こうものなら隣の人からアームロックかまされるだろうしなぁ。


とはいえ価格が2万円ちょっととなったので気になるなら買ってみても良いかもしれないですね。


ちなみに11月11日現在ではかなり人気らしく、ヨドバシドットコムでは在庫残少となっていました。

購入される方はお早めに!!