読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GlobalGames

ゲーム・アニメ・ガジェットのブログです。

水瀬いのり殺害予告にファンが思うこと

11月25日、いつものようにネットでニュースを調べていた筆者の目に気になる記事が飛び込んできた。

『声優に殺害予告 イベント中止』

うわぁっ、また殺害予告かよ……知らない声優さんかもだけど大変だなぁ……。

そんなことを思いつつ開いたページ。
そして表示されるよく見知った声優さんの画像。


あれこれ水瀬いのりさんじゃねーの!?!?


そう、筆者の敬愛する水瀬いのりさんがなんと殺害予告を受けてしまったのです。
誰だよ殺害予告した奴……許せないですわ。

水瀬いのりさんってどんな人?


このブログでは度々水瀬いのりさんのことを話題にしてきましたが、
あまり声優さんに詳しくない方も多いと思うのでここで念のため水瀬いのりさんについてご説明しておきます。

ちなみに筆者は水瀬いのりさんが好きすぎてWikipediaに載ってる程度の情報なら殆ど暗記してますよ!えっへん!(要するに筆者はキモオタ)


f:id:globalgame:20161125170254j:plain



水瀬いのりさんは現在20歳の女性声優。
今から6年前の2010年に『世紀末オカルト学院』で声優デビューを果たしました。なので年齢からすると結構長い芸歴ですね。

しばらくは仕事に恵まれない日々を過ごしていた水瀬いのりさんですが、
2014年『ご注文はうさぎですか?』チノ役
2015年『がっこうぐらし!』丈槍由紀役などで大ブレイク!

その後は数々のアニメ作品でレギュラーキャラを演じております。

また2013年にはテレビドラマ『あまちゃん』にも出演し、その年の紅白歌合戦にも出場した超実力派なのです。


水瀬いのりさんは長いこと主役に恵まれなかったこともあり、一度は声優を辞めようと思ったこともあるのだとか。
それでも諦めずに声優という夢を追い求めた彼女に、多くのファンは魅了されているのでしょう。筆者もそのひとりです。

水瀬いのりさんが出しているシングルCD『夢のつぼみ』『harmony ribbon』などにも『夢を追い求めることの大切さ』を歌っている歌詞が多く、
夢を諦めなかった水瀬いのりさんが歌うその曲には感動すら覚えます。

事件の概要


水瀬いのりさんの殺害予告についてよく知らない方に向けて、簡単に事件の概要をご説明します。

水瀬いのりさんは11月9日に3rdシングルである『Starry Wish』をリリースしました。

そのリリースイベントが世界各地で行われる予定だったのですが……

あろうことかインターネット上で水瀬いのりさんに対する殺害予告が起きたのです。

台湾からの投稿であると判明。今現在は警察に相談中の模様です。

さらにその殺害予告というのが『12月4日の台湾イベントで水瀬いのりを殺した人に報酬を与える』という趣旨の非常に悪質なものだったのです。

これを受け、所属事務所は台湾・日本でのリリースイベントを全て中止する運びとなりました。

水瀬いのりさんはこのことに対して『本当に申し訳ありません。絶対次の機会を作りたいと思います』と述べております。

ファンとしては非常に心配


筆者は日程が合わなかったのでリリースイベントに参加する予定はなかったのですが、この度の殺害予告は非常にショックでした。

ニュースを見た瞬間は「マジか……」と目の前が真っ暗になりましたね。

やっぱり水瀬いのりさんの状況が1番心配です。

かなり悪質な形での殺害予告でしたからね……水瀬いのりさんからすると凄いショックだったのではと思います。

何せただのファンである筆者ですら殺害予告を知った時は1時間ほど動けずにいましたからね……。あまりのショックで。


この件に関して水瀬いのりさんは公式サイトでしっかりとコメントを残しているわけですが、やっぱりファンとしてはコメントではなく元気で笑顔な水瀬いのりさんを見て早く安心したいものです。

イベント中止は残念だが仕方ない


Twitterなどで今回の件について調べていると、結構台湾のイベントに参加しようとしていた日本人の方が多いことに気付きました。

そのような方は事前からかなり準備をしていたらしく、今回のイベント中止のことを残念がっているだろうな……と思いきや。

意外と台湾イベントに参加する予定だった方でも
『イベントが中止になってよかった』と考えている方が多いようです。

準備に掛かる費用とかが無駄になっても、水瀬いのりさんの安全を第一に考えたい、ということでしょう。


いのりオタは愛が深いですね……。


もちろん、筆者がイベントに参加する立場でもそう考えたでしょうが。

"殺害予告返し"はやめましょう。


水瀬いのりさんのファンは間違いなく犯罪予告をした犯人に対して憎悪の感情を抱いているでしょう。
筆者だってそうです。犯人はマジ××××(自主規制)です。

しかし、だからといって犯人に対して「殺してやる」だのとネットに書き込んではいけません。

どのような事情があろうと、殺害予告は犯罪です。
ネット上の書き込みであろうと実際に逮捕されるケースもあるので注意してください。

それに犯人に対して殺害予告返しをしてしまったら同じ穴のムジナです。

真に水瀬いのりさんファンを名乗るのであれば犯人のことは警察に任せておいて水瀬いのりさんを支えるようにCDを買い応援しましょう。



さて、ニュースを知ったときは「これは夢なんじゃないか……?」と現実逃避をしていた筆者も記事執筆を通して現実を受け止めることができました。

これ以上筆者にできることはないので、水瀬いのりMELODY FLAGに応援のメッセージをしこたま送ったあとは今日届いたチマメ隊のCDでも聴いて心を落ち着けようと思います。