読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GlobalGames

ゲーム・アニメ・ガジェットのブログです。

【遊戯王デュエルリンクス】ムカムカデッキはハマれば強い!?【ネタデッキ紹介】

筆者「青眼の白龍の印象はいかがですか?」

ムカムカ「青眼の白龍?強いよね。序盤中盤終盤、隙がないと思うよ。だけど俺は負けないよ」

f:id:globalgame:20161218112445j:plain


ムカムカの前では青眼の白龍すら霞む!!


今回はそんなムカムカを使ったネタデッキをご紹介します。

ムカムカって?


ムカムカとは遊戯王デュエルリンクスに登場する☆2の効果モンスターのことです。


f:id:globalgame:20161218232140p:plain


ムラムラではありません。ムカムカです。(お約束のボケ)

☆2のモンスターであり、効果も結構使いにくいのであまり脚光を浴びるモンスターではありませんが、筆者は近頃このムカムカに熱中しています。


ムカムカの効果は『手札1枚につき攻撃力・守備力が300アップする』というものです。

遊戯王デュエルリンクスはスピードデュエルであり、手札とデッキの総数が少ないので産業廃棄物扱いされているムカムカですが……これまた使いこなすと結構強いんですよ。


特に今の遊戯王デュエルリンクスは恐竜デッキと海デッキの2強状態。強デッキに飽きた人は是非ネタデッキで遊んでみましょう!


※ネタデッキなので勝率は度外視ですよ!!

ムカムカデッキの構成


ムカムカデッキは、とにかく手札の枚数を増やして攻撃力と守備力を上げることに注視しています。

なので基本的にドロー系のカードが多くなります。


筆者が使っているデッキ構成をこちらに載せます。
フリーマッチをよくやりますが、デュエルキングの使う海デッキに勝つだけの底力は持ってますよ!


f:id:globalgame:20161218224831j:plain

カード名 ランク 枚数
クリボール UR 1枚
道連れ - UR 2枚
強欲のカケラ - SR 2枚
迷える仔羊 - SR 1枚
ナチュナル・ガーディアン 1枚
王室前のガーディアン 2枚
ウェポンサモナー 3枚
ムカムカ 3枚
カップ・オブ・エース - 3枚

※2016年12月時点での構成です。


筆者はあまりパックを開けてないので、構成はかなり適当です。

あったから何となく入れてますけど迷える仔羊が役に立ったことは一度もないですね。
別にアドバンス召喚するわけでもないし……。

ムカムカデッキの戦い方


ムカムカデッキはカードを手札に溜めて戦います。

手札に溜めておけるカードは6枚。
なのでムカムカの攻撃力の最大は基本的に2400となります。

手札からドローしたりすると冒頭の画像みたいに3000超えもあるのですが、エンドフェイズ時に手札が6枚になるように墓地に送らないといけないので対戦ではやるべきではありませんね。

筆者は調子に乗ってやっちゃいましたが(笑)


もし先攻で初手にムカムカがいた場合、攻撃力は1500。

(初手手札は4枚。ムカムカを抜いた3枚×300+元攻撃力600)


この状態ではほとんど全てのモンスターに負けてしまうので、先攻初手でムカムカが出てきた場合はウェポンサモナーとかで耐えます。


ウェポンサモナーはいいですよ!
攻撃力1600を使ってくる人が結構多いので、1ターン稼ぐのが非常に楽です。


先攻初手の場合はこうしてターン数を稼ぎ、手札が5枚か6枚になったときにムカムカを出します。

(手札5枚で出したら攻撃力1800。手札6枚で出したら2100。)


この状態だと上級モンスターでない限りまず破壊できないので、魔法カードなどで邪魔されない限り無双できますね。


後攻初手でムカムカが出てきた場合、最初に出せば攻撃力1800です。


よく敵が攻撃力1700のアックス・レイダーを


「初ターンならこいつを破壊できんやろ!オラオラ!」


と表側攻撃表示で出してくるのですが、ムカムカさんはそんなアックス・レイダーすら超えてしまいます。


筆者が1週間リセマラして手に入れたアックス・レイダーを☆2のRカードが倒しちゃう姿には涙すら感じます(泣)


後攻初ターンでムカムカを出せたらほぼ相手は何も出来ないですね。
こちらはスタンバイフェイズ時に攻撃力300アップしますし、1ターンでムカムカの牙城を崩すのは手札が揃っていないと難しいです。


カップ・オブ・エースはほとんど使わないですね。
当てるとデカイですが外すと窮地に陥りますからね。

まぁ、負けそうになった時に一発逆転で使う程度です(笑)
ネタデッキですからね、あくまで。

ムカムカデッキの強いところ


さて、これから筆者が愛して止まないムカムカデッキの強さについて語っていきます。

☆2で上級モンスターに負けない攻撃力


最近では使う人も減ってきたのですが、一時期は必ずと言っていいほど『死の4つ星てんとう虫』を使う人がいました。


このカードはリバースすると相手の☆4モンスターを破壊するので、☆4モンスター主体でデッキを組み立てているとこのカードだけで劣勢になってしまいます。


しかしその点ムカムカなら☆2モンスターなので死の4つ星てんとう虫の効果を受けることがありません。


さらに最近増えてきた敵モンスターのクローンを作る『クローン複製』。

高火力モンスターをクローンされると結構痛いのですが、ムカムカならば複製されても大丈夫。

クローン複製は『元々の攻撃力でトークンを生成するカード』なので、ムカムカならば相手の手札がどれだけ多くても攻撃力600のクローンしか出てきません。


結構ムカムカにクローン複製を使ってくる人がいますが、大体返り討ちにあってます(笑)

簡単に場に揃えることができる


f:id:globalgame:20161220231829j:plain


ムカムカは☆2モンスターなので、特殊召喚なしに簡単にフィールドに出すことができます。

攻撃力2400以上のモンスターがフィールドにバンバン出てきたら相手はまず対応できません。

立ち上がりは遅いものの、手札が揃ったときの破壊力は半端じゃありません。


ムカムカデッキの弱いところ

とにかく魔法・罠に弱い


ムカムカデッキは手札を溜めないとその強さを発揮できません。


なので、必然的にどうしても魔法・罠除去のカードを入れるスペースがあまりありません。

除去カードで相手の魔法・罠を無効に出来たはいいけど、今度は手札が減って攻撃力が下がりそのまま破壊される……なんて状況になってしまいますからね。


筆者のデッキだと、魔法除去カードがないのでよくワンダー・バルーンに邪魔されます(笑)

魔法除去があれば怖くないワンダー・バルーンですが、ないとかなり厄介ですね。1500とか減らされたらさすがのムカムカさんも参ってしまいます。

道連れ抜いて魔法除去入れればいいんですが……それだと今度は普通に上級モンスターに対応できなくなってしまいます。

ムカムカデッキは構成のバランスが難しいわけです。

まとめ


扱うのがとにかく面倒なムカムカデッキですが、実は結構な確率でデュエルキングにも勝つことが出来ます。

なので使いこなせればかなり強いってことです。

この記事では新パックが追加される度にムカムカデッキの構成を変えて皆さんにご紹介していこうと思います。